June 05, 2008

狂牛病は終わっていませんよ

東京新聞の記事です。
>韓国やまぬ『牛肉』抗議デモ 急落の李政権迷走
>2008年6月4日 朝刊
> 【ソウル=築山英司】韓国で米国産牛肉の輸入制限撤廃措置への抗議デモ
>が収まらない。韓国政府は三日に輸出中断を求める異例の再協議を米側に要
>請、支持率が急落した李明博(イミョンバク)政権の求心力回復を狙うが、
>担当閣僚の更迭を含め、内閣改造に追い込まれる可能性もある。
> 「国民が望まない三十カ月以上の牛肉を入れないのは当然だ」
> 韓国青瓦台(大統領府)報道官は三日の定例会見で、李大統領の発言を紹
>介し、国民に理解を求めた。報道官は米側には再協議要請を事前に伝えてい
>なかったと説明。「米政府も理解し努力してくれるだろう」と期待感をにじ
>ませた。
思うんですが東京新聞は独立性が高いんじゃないでしょうか?
応援したい新聞です。

まさに
日本人が知るべき問題の核心はここです。
韓国の国民は声を上げ主張します、政府はそれに応え、取るべき対応を模索する。
健全ですよね。
日本はどうだったでしょう、小泉首相は「後は自己責任、疑うなら、食べなければいい」と輸入再開を決めてしまいました。
狂牛病のことを知っている人は、こう思ったはずです。
食べないためにはその産地が分からなければいけない訳です。取りようのない自己責任をことさらに強調して言うのは、悪い行いとわかっている、確信犯です。
自己責任というのは、流行っていたキーワードです、民営化とか改革という言葉と同じで一見正しいことのように聞こえます。
当時も、今も、まだ狂牛病は未知の病気で、日本では加工食品や外食では産地の表示義務はありません、輸入すればそういう知識を持たない人は、自然に食べてしまうでしょう。

さて同じ様な状況にあった日本の国民の反応は?
いつも通りです、マスコミではその前後のニュース番組も薄ら寒い、荒涼とした砂漠のような、無反応、関心はないようです。
抗議も起きません、ブログにはいくつか悲痛な叫びがありました。
しかし何も事態を動かすような大きな動きはなく・・・
日本人はいつからこうなってしまったんでしょう?
誰も怒らない、誰も参加していない、リスクを負っても変えるべく努力する、参加するということをしなくなってしまいました。
世論というものは存在しなくなってしまいました。
ねじれ国会と最近マスコミでよく揶揄されますがその意味するところに、参議院が歪んでいて邪魔な存在、実際に参議院の廃止が取り沙汰されるほどで、馬鹿げています、ねじれ歪んでいるのは国民の意思を無視し続ける衆議院の方ではないでしょうか?
そもそも先の参議院選挙で野党が大勝したのは、国民の郵政選挙への悔いからで、小泉さんを選んでしまったのが大間違い、とんでもない暴走を続ける与党に待ったと手を上げたのが、今の参院の逆転なのではないですか?
世論はなくなってしまいました。
残念なことに、じつはそれが現状を動かし得る唯一の勢力なんです、衆院の解散権は独占的な首相の権限です。日本の制度では首相は独裁者になれるんです、危うい、日本の民主主義制度の欠陥です、善意が前提とされてしまっています。
まさか首相が一部の権益を優先して国民の声を無視することはない
首相にまでなる人がそんな愚かなことをするはずがない、そういう考え方に基づいて作られた制度です。
首相は愚かでした。支持率が下がっても気にしない、わが道を行くそうです、任期中に一つでも自らが必要と思う法案を通したい、吹っ切れたとおっしゃったそうです?
バカ?
政治家ってなんでしたっけ?
そういう政治家に思い知らせるのが
抗議の声であったり、デモ、良い方法ではないかもしれませんが、相手も決して良いものではありません。
目的は手段を正当化するか?
する場合としない場合があります。
対する相手との力関係が基準です、権力者は元々そういう存在なんです。
公けにあって、声を上げるだけでそれが注目される、だから自らは批判を受け入れる義務を負う、アメリカの司法制度では常識です。
さて、
そう都合よく変わるものではありませんからね、でも投票には行きましょうね。



00:39:22 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

June 02, 2008

繁盛記(涙(笑


忙しいです、そろそろ限界じゃないかと嬉しい悲鳴です。
20年くらい前でしょうか少し遅めのデビューでこの職業に就きました。
いい加減鍛えられていましたから、夢は現実的です。
正に今の状況、ひたすらその情景を描きつつ、精進?してきました。
信頼できる仲間がいて、気持ちの通うお客様がいて、本当に地域の方に大切にされています。成り立って、当たり前の利益が出ています。

そうです、考えようによっては5年も経って、やっとこの程度あたり前の利益、違う業種の企業家の方には驚かれそうです。
そうなんですよ、良心的、なんです。5年も順調に運営しないとまともに利益が計算できないくらい薄い差益、なんです。
しかしその分確実に、支持していただいて、揺ぎ無い。
アメリカのビジネスモデルと随分違いますよね、
それはまず利益ありきで、大きく投資して、お客さんでも仲間(人)でもなく、まず利益なんです。
私には理解できませんが・・・
まずお客さんがいて初めて商売が成り立つわけです。その仕事をこなす人がいてそれが続けられる。
先に利益を計算するのって?
気持ち悪いですよね、でもそちらの世界では当り前なんですよね、投機の対象になるわけですから看板が必要です。

以前勤めていたお店で突然提携の話が持ち上がって、あれよあれよと言う間も無く店は改装され、人員は増やされて、何が起きているのか理解していませんでした。高価な機材がそこら中に配備され。さて?
結果、私がその店で最後に見た情景。
結果は?ちまちまと積み上げた利益は誰かの懐に、現実のお店の経営は多すぎる改装の経費のために赤字転落、給料さえ堂々ともらえない状況です。
懐に収めた方がこともあろう、タイミング良く私を厄介払いしてくれたので、難を逃れました。

回想、私がその店でチーフという呼名をいただいて少し経ったある時のことです。
目に余ったので店長を呼び出して、言いました「売上を抜くのは止めなさい」と、店長は出資はしていましたが事業主や社長という責任の重い立場ではありません。
私がそう言うと最初は否定していました。生活に困るのはわかるがと水を向けると、認めはしないものの「そこまで言うなら成り立たせろ」と言われ、私は「いいよ」と暗黙の了解です。
約束の通り店は順調に業績を伸ばしました、いいでしょうか?毎年7〜9%の売上の伸びがあって、利益率も改善される、それが安定して8年続いたら、どんなアホな経営者でも成り立たせることができるはずですよね。
できませんでした・・・有り得ない
評判を聞いた、ある経営者の方が提携を持ちかけてきてくれました。
数百億の売上のある企業グループのオーナーです。
渡りに船と飛びつきます、すでにビルもその企業に買収されていてレストランの経営権だけの話ですから、当たり前です。
その企業の傘下に収まり一企業となる。
馬鹿ですね、そいつは私を裏切りました。できもしない経営を請け負って
うるさい私を厄介払いに。

私に結果的に良かったことですから、感謝しましょう、でも追い出されたんですよ、まぁ苦い笑い話ということで。
どうやら順調に運営できています(涙
伸びていく店は大変です。一割売上が伸びると、世界は変わります。それが4年も連続だといい加減、体に悪いかもしれません。
思うと今と同じ程度の売上を、当時もこなしていましたが、当時は現場が3人で経営者的な立場で1人、4人でやっていました。
今は3人で経営は私が片手間でやっています。
本当に勉強になりました「仕事のできない奴とは組むな」一言につきます。

効率の良くなった分余剰な利益が出ます、それは何処へ?
楽しい算段です、まず仲間ですね、貯めてイタリアでも行きますか?

私が正しかった、ホッ、やっと確かめることができました。


00:02:25 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks