January 31, 2018



煙草吸ってみました(笑)
プルームテック・・けっこうマイブームです。
ある日JT日本たばこさんの営業さんが来店して「ラフレッチャさんをプルームテック専門店にしませんか?」唐突でなんのお話だかさっぱり分からなかったんですが営業の方も良い感じの方でよくよく調べて考えてみると(悪い癖なんですが(笑))

私20年少々前に禁煙して最近の喫煙事情はお客様から伺うくらいでよく知りませんでした。
少し調べまして大体把握したところを所見しますと

数年前革命が起きたんですね「アイコスさん」大手のたばこ会社が「脱煙り宣言」をした。
内容は「吸った感覚はそのままにタールをほぼ完全に排除」おぉ凄いですね

感覚的にほぼ変わらないそうで煙りは出ず有害物質が非常に少なく副流煙の被害もほぼ無い、うん革命ですね。

喫煙者の皆さん本当にごめんなさいこの時点でなぜ普通のタバコが無くならないのか私にはすごく不思議でした。
だって害が極端に少なくて迷惑も掛かりにくい吸い応えも同じくらい変えない理由がすみません分からなかった。

もちろん人間やりたいことをするわけで変える人変えない人どちらもいらっしゃる当たり前のことなんですけどね。
この過渡期に日本たばこさんが打って出たこれがプルームテックですね
プルームテック認定店になると数セット現品を提供してくださる、うん吸ってみました(笑)
20年も吸っていなかったものですから目まいがするけっこうくるんです。

アイコスは煙草とほぼ同じものを比較的高温オーブンのような温度(180℃くらい)で加熱、燃焼させずにニコチンを含んだ水蒸気を発生させるものでこれに対しプルームテックは体温程度の低温で加熱したグリセリン等の蒸気を煙草葉チップに通すことでニコチンを含ませ吸引する、蒸気を作る部分だけを過熱して煙草葉は過熱しませんから使用中煙草葉は成分が減っていくだけであまり変質しない。
これすごいアイデアですね、どういうことかと言うとアイコスは吸い始めると途中で止められない煙草ではこれ当たり前なんですがプルームテックはいつでも吸える、吸いかけをポケットに入れておけます(笑)面白いですね。
これで満足なら言うことありませんね。
私はちょっときついくらい(笑)そりゃ20年ぶりですから。

「煙草を吸って(普通のタバコ)癌になるというのは嘘、それどころか凄い利点がある」
とおっしゃっている著名な評論をされている物理学者の方がいます。
その方が言うにはアイヌ民族とインディアン共通点があるそうです、それは平和主義と煙草。
アイヌ民族をよくよく調べてみると武器を待たなかった、部族同士の争いの痕跡も極端に少ない。平和の民という言葉が相応しい。
けっこう知られていないお話です。

インディアンは私も興味があります。
ダンスウィズウルブス、ケビンコスナー主演の昔の映画ですがこれが好きでした。
南北戦争の頃、白人たちに侵略される環境にあったインディアンと親交を持ち彼らに同化することで生甲斐を得た北軍の一人の兵士。
儚さ温かさがよく描かれた良い作品でした。
白人を批判する内容で映画化は難しいとされていたものをケビンコスナーが力を尽くして実現させたという曰くもある琴線に触れる映画。

アイヌ、インディアン双方に共通するのは「喫煙」なんです、だから大きな意味で喫煙することは諍いを鎮静させ人を穏やかに生存させる、煙草は平和に貢献するという推論です。
ちょっと話が大き過ぎるんですが(笑)
確かに戦う争うことはよほど負のエネルギーをぶつけ合う、感情を逆立てる怒る行為です。
そんな兆候の際まぁ煙草でもと一服して虚脱していれば争いも起き難いのかもしれません。
負の感情「怒り」を鈍化させるなら良い薬と言えるかもしれません。
体に悪くないならですが(笑)

風味が色々ありまして3種類です、2種類がメンソールもう一つがブラウンアロマ、うん茶色い味がします(笑)
コーヒーによく合うかも、メンソールのものは比較して軽めブラウンはズキッとする吸い応えが強めな感じがします。
メンソールはそれほど好みではないので私はブラウンがベストかもしれません。

私調理のためにタバコを止めたんです、そう煙草は強い味が残りますから微妙なところで感覚が鈍ってしまい良くないんです。
これには恐らくタールが強く起因していたようです。
プルームテックだと割と味が残り難い。

実は煙草大好きでした、私もし自分の死期が分かったとしたら死ぬ前散々吸ってやろうと思っていたんです(笑)
健康にもあまり悪くないよう、ただ始まったばかりのもので何もデータはありませんから真偽のほどは定かではありません、しかしニコチンも0.05ミリだそうで、あれれまた始めてしまおうかと(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・
ご参考までに、このプルームテックちょっと分かりづらいところがあります。
煙草カートリッジ=蒸気の部分と煙草カプセル=ニコチン部分に別れているんですが吸う回数が決まっているため(カプセル1個につき50回一箱五個入っていますからトータル250回)一度にたっぷり吸いたい方が自分は一度の吸引量が多いので煙草カプセルが余ってしまうのでは?という心配を持たれることがあるかもしれません。
うんうんこれはあまり心配いらないと私思います。
これはカプセルが余るかどうかではなくて吸う速さはある程度制限があるということのよいうです。
普通のタバコは勢いよく吸うとよく燃えてニコチンの量も増えますがプルームテックでは勢いよく吸うと(移動する蒸気の量が単位時間当たり増える)ニコチンの量は変わらず蒸気だけ早く減る、これは蒸気がカプセルのニコチンを拾えていないということでたっぷり吸いたい方もゆっくりたっぷり(速度は一定に吸う量を増やす)吸ってみては如何かと思います。
あまりカプセルかカートリッジが余ったり足りなかったりするようなら取り換えの点滅は無視してカプセルはニコチンが薄くなったら取り換えるというのが(点滅の間は吸えないので我慢ですね)解決策のようです。
吸う速度が一定ならどちらかが極端に余ることはない設計だと思います。
ご参考までに、料理物理学者(笑)より。

うんニコチンいいですね(笑)


18:41:45 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 08, 2018



ケンタッキーって肉食ってる感ありますよね〜

私実は大食いものの観物が大好き(笑)で昨日はロシアン佐藤さんが
秋葉原にある肉ソン大統領というお店で肉食っている動画を観てしまい、
その中でも特に美味そうだったタンドリーチキンをなんとかカバーしようと

出前館という宅配店舗を集めたサイトがありましてそこでフライドチキンと検索すると
なんとケンタッキーがあるではありませんか(笑)
タンドリーチキンとは少々ズレてしまいましたが「肉喰いたい」と思いまして注文してみました。

便利な時代ですね〜
なんとケンタッキーが家まで運んでくれるんです。

私ケンタッキーが大好き(笑)就職して初ボーナスはケンタッキーで何とかバーレルを買って撃沈した記憶があります(笑)

チキンを骨付きで揚げるんです「圧力釜」でこれは美味いはず、圧力釜だと短時間で煮込んだようになりますから「揚げ」と「煮込み」両方の雰囲気が盛り込まれた食べ物になります。
表面がサックリしていて中は煮込んだように滑らか骨離れがいい。
きっと開店当初のノウハウ保持の習慣からだと思うんですがあまりそこを強調せずに販売してらっしゃいます。
そうそう「スパイスは何か?」というのは焦点を逸らすためのサブストーリーなんですね。
最大の特徴は圧力釜なんです。
唐揚げとの決定的な違い。
でもまぁ元々柔らかいものですからそんなに差は感じられないんですが
しかし少々高くても買ってしまう、鶏に1500円?なんて普通思うはずなんですが買った後後悔がない、不思議ですね〜(笑)

外国人にクリスマスにケンタッキーと言うと受けるそうですが(笑)けっこう特別な食べ物ですよね、日本人はきっと感覚的にそういうことに気が付いて特別扱いするのかなと思います。
チキンフィレサンドとかただの胸肉のハンバーガーですよ原材料とっても安いんです、それを360円とかで「これ美味しいね」っていただけるのは人として素晴らしいんじゃないかって思います(笑)
そうそう物でなく質を感じる感性があって楽しめる、うん日本人なかなか(笑)

ですみません話が長くてこの時注文したのがチキンフイレサンドと和風!チキンフィレサンドさらに濃厚香味バターチキンとオリジナルチキン味比べセットお〜久しぶりなので奮発しました(笑)

あっ美味しかったですよ
新商品どちらも超濃厚です。
和風チキンカツサンドは甘味たっぷりでガ〜ンとくる感じ、私は1食これ一つで大丈夫です(笑)
濃厚香味バターはすごく下品なお味(すみません)腹が減ったとき貪りたい味と言うと分かり易いかも。
ケンタッキーさんすごいですね〜超攻めの布陣です。
元々濃厚なお味ですからおろしポン酢味とかあっても(笑)いいと思うんですがさらに濃厚路線です。
噛んで溢れてくる油がにんにくバター味です(笑)強烈
うちでは出せません(笑)

昔ラフレッチャーフライドチキンというのをほぼジョークでやったことがあるんですがけっこう皆さん喜んでくださいました。
フライドチキンの味付けで圧力鍋で揚げるんです、手羽元を使って骨周りの美味しさを堪能していただく。

最近の課題なんですが「揚げ物をさっぱりいただく」これけっこうこれ病みつきになる味が多い、そうそう「病みつき」は当店必修アイテム、こんな最悪立地にあるので「病みつき」=遠くても行かずにはいられない(笑)
私の武器は大根、おろしポン酢ではないんですが日本の古典天ぷらに大根おろしをイタリアンで再現してみたい。
へへ進行中です、フライドチキン、フリッター、
大根の旨味さっぱり効果はすごいと思っています、主役を盛り立てる活かす機能、本当に毎日食べられる食べたくなる、フライドチキンは美味しいのに1度食べると3日くらいは(笑)いらないものですが、これを毎日食せる穏やかなしかし魅力的なものに仕上げる。
お楽しみに!



06:21:15 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 06, 2018



新年明けましておめでとうございます!

どうしたんでしょうか昨年末は中野坂上いつもより少し活発に動いていたように思います。

年明けてう〜ん静か〜年越しも働きましたので
お客様のいらっしゃらない時が私のお休み(笑)
これはしばらく休日が続きそうな予感(寒)

落ち着いて雑煮の仕込みもできますね(笑)

雑煮って面白いんですよねこれほど地方色の出る料理も少ない本当に色々な雑煮があります。
中には汁粉を雑煮と言い張っている地方もあります(笑)
美味しいそうです(笑)、味噌仕立てだったり、醤油、醤油でも魚介、鶏、もしくは合わせ、その地の特産物がふんだんに使われた正月のご馳走ですね。

多くの方が一家言あります。ネット上でも色々な書き物があって楽しいですね。
いくつか読んでみました。

さて地元北海道の雑煮、歴史が浅いせいか皆さんの説バラバラ(笑)
開拓の地ですから色々な方が集まっている。

基本元の土地の作り方+北海道その地の産物ということだと思うんです。

拝見したのは道南は石狩鍋風、味噌仕立て仕上げにいくらが乗るそうで、うん豪華ですね〜

小樽ではカツオだし干椎茸、鶏肉で醤油仕立て。

私は札幌なんですが毎年食べていた雑煮は昆布だし鶏肉干し椎茸、具は三つ葉かまぼこ玉ねぎ人参などでした、餅は焼かずに湯で煮て煮汁に移すやり方。
うん美味かった〜本当に格別のものでした、鶏がこんなに美味いものだったと再認識するんです。
煮汁と餅がよく絡むように椀の中でなるべく小さくしていたのを思い出します。

北海道の大きさと比べると道南、小樽、札幌はそんなに離れていないんですがすごいバラバラですよね。

さぁでは我が家の作り方をご紹介。

大切なのは順番とタイミングです。

干し椎茸と昆布だしは事前にしっかり用意しておきます。

鶏肉は一口大に切り軽く塩と酒で下味をしておきます。

まず椎茸の戻し汁と昆布だしを合わせて火にかけます。
沸いたら下拵えした鶏を入れ再び沸くのを待ちしっかりアクを除きます。
これは大切。

刻んだ椎茸を入れたら砂糖、みりんを入れ
あとは大体15分ごとに手順が進みます。

仕上がりに鶏肉の状態が最善になるよう他の食材を足すということで進めていきます。
次に入れるのは玉ねぎ火は強めにしてヌルくならないように加熱、

落ち着いたらここで大体半量(この際の煮汁の分量に対して)の醤油を加えます。

少し煮詰まって玉ねぎが透き通って軽いアメ色になってきたら次は長ネギと湯通しした人参。

長ネギ人参が良い加減になったらもう少しの醤油で味を調えます。

湯で温めた角餅を入れたらしばらく味を馴染ませます。

餅が美味しそうにフワリとなったら器に盛りつけます。

最後に三つ葉とかまぼこを添えたらできあがり。

もちろん本気でスーパーヒーローに憧れていた素朴な少年が母の手元を見ているわけがなくて、手順は今の私が大体同じ素材を使ったらこうするだろうなという仮想、伝統とは少し違うかもしれません。

いやでも美味しいですよ(笑)記憶のままの味がします。

スープ料理は今では家の人気料理の筆頭、実施に鍛え抜いていますのでなかなか良いと思います。

料理カタワぶり(笑)をお知らせしようと。

2018年も只々喜んでいただけることを励みに目標にして努力楽しんでいけるようしたいと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。

 五十嵐弘也


16:33:38 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks