January 06, 2018



新年明けましておめでとうございます!

どうしたんでしょうか昨年末は中野坂上いつもより少し活発に動いていたように思います。

年明けてう〜ん静か〜年越しも働きましたので
お客様のいらっしゃらない時が私のお休み(笑)
これはしばらく休日が続きそうな予感(寒)

落ち着いて雑煮の仕込みもできますね(笑)

雑煮って面白いんですよねこれほど地方色の出る料理も少ない本当に色々な雑煮があります。
中には汁粉を雑煮と言い張っている地方もあります(笑)
美味しいそうです(笑)、味噌仕立てだったり、醤油、醤油でも魚介、鶏、もしくは合わせ、その地の特産物がふんだんに使われた正月のご馳走ですね。

多くの方が一家言あります。ネット上でも色々な書き物があって楽しいですね。
いくつか読んでみました。

さて地元北海道の雑煮、歴史が浅いせいか皆さんの説バラバラ(笑)
開拓の地ですから色々な方が集まっている。

基本元の土地の作り方+北海道その地の産物ということだと思うんです。

拝見したのは道南は石狩鍋風、味噌仕立て仕上げにいくらが乗るそうで、うん豪華ですね〜

小樽ではカツオだし干椎茸、鶏肉で醤油仕立て。

私は札幌なんですが毎年食べていた雑煮は昆布だし鶏肉干し椎茸、具は三つ葉かまぼこ玉ねぎ人参などでした、餅は焼かずに湯で煮て煮汁に移すやり方。
うん美味かった〜本当に格別のものでした、鶏がこんなに美味いものだったと再認識するんです。
煮汁と餅がよく絡むように椀の中でなるべく小さくしていたのを思い出します。

北海道の大きさと比べると道南、小樽、札幌はそんなに離れていないんですがすごいバラバラですよね。

さぁでは我が家の作り方をご紹介。

大切なのは順番とタイミングです。

干し椎茸と昆布だしは事前にしっかり用意しておきます。

鶏肉は一口大に切り軽く塩と酒で下味をしておきます。

まず椎茸の戻し汁と昆布だしを合わせて火にかけます。
沸いたら下拵えした鶏を入れ再び沸くのを待ちしっかりアクを除きます。
これは大切。

刻んだ椎茸を入れたら砂糖、みりんを入れ
あとは大体15分ごとに手順が進みます。

仕上がりに鶏肉の状態が最善になるよう他の食材を足すということで進めていきます。
次に入れるのは玉ねぎ火は強めにしてヌルくならないように加熱、

落ち着いたらここで大体半量(この際の煮汁の分量に対して)の醤油を加えます。

少し煮詰まって玉ねぎが透き通って軽いアメ色になってきたら次は長ネギと湯通しした人参。

長ネギ人参が良い加減になったらもう少しの醤油で味を調えます。

湯で温めた角餅を入れたらしばらく味を馴染ませます。

餅が美味しそうにフワリとなったら器に盛りつけます。

最後に三つ葉とかまぼこを添えたらできあがり。

もちろん本気でスーパーヒーローに憧れていた素朴な少年が母の手元を見ているわけがなくて、手順は今の私が大体同じ素材を使ったらこうするだろうなという仮想、伝統とは少し違うかもしれません。

いやでも美味しいですよ(笑)記憶のままの味がします。

スープ料理は今では家の人気料理の筆頭、実施に鍛え抜いていますのでなかなか良いと思います。

料理カタワぶり(笑)をお知らせしようと。

2018年も只々喜んでいただけることを励みに目標にして努力楽しんでいけるようしたいと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。

 五十嵐弘也


16:33:38 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks