June 07, 2007

キリスト教の段階的な理解

最近は少しわかったつもりになって色々書いて度量の広い皆さんの耳を汚していますが、この歳になって未だに一つだけどうしても理解できないことがあります。それは宗教です、病気に感染するように傾倒し何かが入れ替わりいつしか奪われて行く。それがとても幸せなんでしょう、自らの持てる色々なことをつぎ込み使い果たす。実害がないのならいいのですが、しかし多くの場合問題は起きて罪のない周りの人に害を及ぼします。身近なことを言えば投票で、自らの意思でなくその宗教家もしくはその人の支持する対象へ投票する。これは実は深刻な問題です。
宗教は歴史的に、扱い方を誤ると大変な害のあることが明らかです。
右の頬を打たれたら左の頬をさしだしなさいというキリスト教でさえ戦争に利用される。十字軍、多くの戦争を指示したアメリカの大統領が宣誓する際手を添えるのが聖書です。
私達日本人の大方の理解を超えることがあります。
カトリックとプロテスタント、日本人の大抵の理解ではプロテスタントの方がやや穏やかで近代的、仏教で言えば浄土真宗のような生活に近く優しい趣のあるものかと思いきやこれは違います。最近プロテスタントの知識人と言えるような方とお話させていただいた機会があったのですが、私の穏やかなという認識は完全に間違っていたことがわかりました。その方のお話、全てのキリスト教徒にとってキリストの再臨は当然のこと、それは観念的なことでなく文字通りキリストがまた現れることなのだそうです。
イエスは右の頬をという言葉の通り無私の精神を貫いて死刑台に上りました。
これが何を意味するか?私達仏教徒の方がよほど理解できるのではないでしょうか?
黙示録の曲解?大変な力を持ったキリストが私達のために再臨して敵を打つ、そう思っているのでしょうか?
敵とは?
キリスト教の特徴、優れたことに段階的な理解ということがあると思います。
また続きます・・


01:51:20 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

May 07, 2007

インディペンデンツ

私が父に最後に会ったのは中学生の頃です。残念なことにその時のことはあまり記憶には残っていません、当時大学生だった兄が空港まで送っていったそうです。事業に失敗し金策のためか家を空けることが多くなり、そして遂にその日以来戻ることはありませんでした。私は元来明るい性格なのか、抵当に取られていた家から引っ越して市内でもだいぶ離れた土地にアパートを借りて引っ越すときもそんなに悲観してはいませんでした。その頃から芽生え始めた独立という心情、生きるために学び、鍛え、考える。引っ越した先で入学した高校時代は主に飲食業でアルバイトにいそしんでいました。もちろん校則では禁じられていましたが生きるためです、校則など知ったことではありません。何かを盗んだりすることとは違います。誰にも迷惑はかけない。と格好をつけても稼いだ大半は遊ぶために使ってしまいました。とにかくよく考える子供でした。簡単に解ける方法は避けてその問題自体を理解できるまでとことん考える。高校で初めて出会った物理学という学問は私の庭でした。就職組でしたから?までしかしていませんが、とても合っていました。あるテストで教師が冗談で出した問題、を解いていて私の答えは迷うことなく「存在しない」でした、しかしその問題は表の中のどの点か?という問いで、それでも他に書きようがなく「存在しない」と書いて答案を提出すると、後日その教師が言うには「君達に解けない問題を考えてもらってもっと大切なことに注意を向けて欲しかった」だいたいこんなことを言っていたと思います。「あぁ心配しないでこれは点数には関係ないから」ちょっとちょっと!正解書いてるんですけど、無造作に付けられていたバツを訂正してもらいに行きました。正解ですよねって、先生はそうだねってだいぶ白けていました。その先生を実は結構尊敬していました。とても面白い、機知に富んだ好きな先生でした。佐藤雄三さんという方で。授業のほとんどが脱線で、毎回楽しみにしていました。私が北海道からは失踪しているようなものですから、音信不通になってしまい、今でもお元気でいるといいのですが。
その高校から就職したのが皮革業界のある中小企業、
そう大学へは自らの選択で行きませんでした、その理由は「必要ないから」です。それはその当時から私の心情が生きるためという、今思うと悲痛な動機に捉われていたことを物語っています。今私がそのくらいの年齢の方にアドバイスできるなら「もっと楽しめ!」ですね、今思うに人生は全て自分のものであって、ある期間を他のある期間を充実して過ごすために充てるということはない、してはいけないと思います。その感覚に無責任さが巣食うのだと思います。現在を疑いなく堂々と生きる、結果は必ずついてきます、自分のことには全ての期間、全ての思いについて、責任を持つべきだと思います。


02:03:58 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

January 10, 2007

今年の抱負

イタリア人になります!
私の今年の抱負はイタリアのことをちゃんと勉強することです。一国の文化を学ぶということはとても大変なことです、何か理解すればそれがさらに様々なことに繋がり尽きることはありません、深さ多様さを理解する事が大切、それは宗教を理解することでもあるし、その文化に影響を与えた前時代、同時代の他の文化をも知る必要があります。イタリアと一言に言ってもそれは様々な地域、多様な社会の構築物とでも言うのでしょうか、私達が知るイタリアのイメージはほぼローマですが、捉え難いことに、そのローマの重要な精神の礎とも言える基本的な概念の一つに“寛容”があります。あれほど領土を広げたローマであって、ある意味侵略者ではなかったわけです。武力的に侵攻するもののその地の文化を破壊することはなく逆にそれをその母体に取り入れることさえした、パックス ロマーナという思想
近年パックスアメリカーナと言葉だけ利用されることがありましたが、それは政治的な虚飾で現実にはまるで当てはまらないことです。
ギリシャ、ケルト、アジア、ゲルマン、重要なキーワードが盛りだくさん、ケルトがローマに与えた影響なんてちゃんと調べると面白いかもしれません、楽しみなことです。


02:21:56 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

October 25, 2006

シェフの日常

零細個人事業主に休みはありません、カタカナにするとオーナーシェフとちょっとスマートな雰囲気ですが、実態は?定休日というと買出し、試飲会、セミナー、健康診断、経理、修理と本当の意味での休みはずーっと有りません。
それはきっとそれほど大きなことではないのかもしれないですけど卵1パック100円とかしめじ68円とか聞くととても買いに行かずにいられないわけです。業者さんに任せると楽なのですがその分原価が上がり料理の価格も上げざるを得ません。
こんなことが私の日常ですがこれが面白くて堪りません、なぜかというと私がシェフだからなんです、母親が24時間母親であるように、女優が24時間女優であり、24のジャックが24時間ジャックバウアーであるように、私も24時間シェフなわけです、とても面白い、とても幸せです。そんな私がよく言われるのはそんな生きがいを持てることは稀な幸せなことなんだよと、確かにその通り生きがいを持てて幸せです。しかし、これちょっと違うな〜と思います。この問いかけには当って良かったねというニュアンスがあってそれは腑に落ちません。
私の前職は営業職でした。当時は自分なりのイメージを持ってこうなりたい、これが格好いいと理想を持っていてできたらそうなりたかった、でもそれは適わず、自分には合っていないと見切りをつけたのが26才の時。ただの理想でなく自分に合ったものは何か冷静に考え選んだ結果です。しかしそこからも確信を得るまでは何年もかかりましたよ。決して簡単なことではない。偶然ではない自ら掴んだものだと自信を持って言えます。是非個性ということを大切に考えて欲しいと思います。
そんな生きがい、適した仕事を見つけるにはどうすればいい?
それを考えるにはまずクリアしなければいけない前提があります。
責任と権限ということ、突然なんだこいつと皆さん思いますよねゴメンなさい少し我慢して聞いてください。これ人が集まる場所に必ずある、必要な原則なんです。当たり前のことです、責任を負えば権限を得る、権限をもてば責任が生じる、その権限の大きさ質によってその責任の大きさ範囲は自ずと決まります。
こういったバランスの取れていない集団なり会社は必ず衰退するというぐらい当たり前の原理原則、責任を取らずに権限だけ振りかざす上司がいたら誰も真剣に仕事はできないでしょう?
責任と権限はセットなわけです、切っても切り離せない。
責任とは何か?責任を果たすということは成り立たせるということと近い意味があります。その場の責任を負うということはその場を成り立たせるということと同じ意味でもあります。
他の人の助力なしにその場その仕事を成り立たせ、好ましい結果、充分な成果を得るということが責任を負うということです。
それを行うために権限を行使するわけです。常にその二つは一対でないといけません。
人が成功ということを思い描くときにその明るい得な部分しか考えませんが、それはそれと同じ程度に重い責任が当然伴うわけです。それが現実です。
将来得たい状況、思い描く形にその現実はイメージされているでしょうか?
そのギャップが障害なんです。
もちろん様々な要素があって一概に言うことはできませんが、もし健康な身体、健全な心があるなら必ず生きがいを得ることはできる、そう断言できると思います。
女だの男だの言ってる前にまず人間だろ、少し逸れますが人間同士が相手を愛したり認めたりするにはまず自分自身が独立成り立っていることが必要で大切な前提です。まだ独立していない人格の方が愛してるよと言ってもその意味は好きだよでしかない。説得力はないですね、さぁ独立できるのかな?全てはそこから始まります。




02:45:45 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks