January 30, 2008

おいしい蕎麦屋さん

今日は一軒、そば屋さんを紹介させていただきます。
「長寿庵」というラ・フレッチャのすぐ近くににあるお店です。
ここで紹介する承諾は得ていませんがきっと許してくださると思います。
私は休日というと、よくそのお店で昼食をいただきます。
うちと同じように住宅街の中にあって営業されている。地域の生活に溶け込んでいます。
個人で経営されている店舗だと思います。
私はいつもたぬきそばを頂くんですが、そのおいしいこと、他に色々メニューがあるし違うものも食べてみたいのですが、ついそのたぬきそばを頼んでしまいます。

私はそばが好きでけっこう色々なところで食べていますが、長寿庵さんのそばは本当にうまい。
しかも500円!信じられません、それが1000円でも私はきっと注文すると思います。
コストパフォーマンスに優れる伝統の味、これが本当の意味の伝統であり、文化なんだな〜と思わずにはいられません。しっかりその土地に根付いて、上質なものを提供する、その土地に住む人々の生活を豊かにする存在。
ラ・フレッチャもそういう店にしていきたいです。

アメリカ的な経済ありきの社会とヨーロッパ的な伝統を大切にする社会とでは、住む人にとっては大変な差があるものです。
アメリカ的な社会では極端な話、地域に根付く、その地の文化を構成する必要な要素であるような小規模なお店は存在し難い。
逆に中身のない商行為ありきのチェーン店のような店舗の独壇場というのが現実です。
大規模なチェーン店と小規模な個人店に同じような体系で税金をかけていれば、それは大規模な方が有利に利益を上げるに決まっています。
過酷な生存競争の中で除々に淘汰されていく。

財務省のホームページなど見ると日本の法人税がいかにも高いように、税率だけが強調して書かれていますが、実際には日本の企業の社会的な負担はとても低いそうです。
どういうことかと言うと、社会保険料の企業負担分と法人税を合わせた額が結果的に実質的には企業の負担を示します、その数字だと日本は先進国の中ではダントツに負担が低い、税体系を考えると逆に法人税は増税しなければいけないところです。
おまけに日本では例えば医療、健康保険で患者が高い負担をしています、公的保険制度が充実した国の中では無料なのが一般的で、3割いうのは高い負担です。
さらに日本では大企業に対しては研究開発減税という制度があって、法人税の
段階で実質24%になるという大変な優遇を受けています。
さらにこの拡充が予定されています。
う〜ん、研究は小さい会社もするんじゃないかな〜?事業の大小によって、その研究開発の社会への貢献度が変わるという理屈がおかしい、より大きな企業への税の減免のためにそういう名前を持ち出しているのでは?そう感じるのは私だけでしょうか?
出費が同じなら大企業へ減免すれば当然負担は弱者に対して増すことになります。
よく考えなければいけません。










23:03:28 | lafreccia | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks