July 28, 2007

コチのカルパッチョ

夏も盛りで暑くなってくると魚料理もとりわけカルパッチョのような刺身のひんやりとしたものが人気です。今年はカルパッチョに力を入れています。長崎小値賀産のイサキに始まって宮古の平目、鹿児島のヒラスズキ、今は鹿児島串木野のコチを使っています。コチというとあまりなじみがありませんがこれが抜群にうまいです。形はヤガラやホウボウを細長くした感じで、身は平目のようにチャキチャキとハリがあって食感がいいものです、そう言えばよくよく見直すと雰囲気は正面を向いた平目という体で、その薄さは他の魚にはあまり見ない特徴です。
コチは通の釣り人には二匹目を期待させる魚だそうです。釣り上げようとすると水面近くまで同じコチがついてくるそうで、それが釣り方によっては針にかかるそうな。これはコチが夫婦でいるものだからだそうです。片割れが釣られるのを追いかけてきているんですね、何とも可哀そうな話。
さてコチのカルパッチョのアレンジはエキストラバージンとたっぷりの夏野菜を合わせて、さぁ召し上がれ  Buon Appetito !!



Posted by lafreccia at 23:19:52 | from category: 料理素材 魚 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)