October 26, 2007

ノヴェッロ!もうすぐです



ワインは出会いです。好みのワインに出会えるかどうか。
魅力的な一本のワインがあれば、食事を楽しむ、味わう感動はまた格別なものです。
本当に好きなワインとそれに合わせたちょっと気の利いた料理。この食の体験は人を虜にして止まない、レストランの語源「修復」を地でいく、私達の仕事の究極の目的。
私達は年間数千本の試飲をします。よくよく考えると相当に激しいことです。酒屋さんの営業さんに半ば任せて考えてもらえば楽ですし、それはなかなか優秀な方たちですから良いメニューになるはずです。しかし私達が求めているのはお客様の感動です。自分が感動できるとびきりおいしいワインだけで店を埋め尽くすつもりでいます。
文字通り今は秋の入荷シーズンで店の一面はワインの箱で埋められてしまっています。
さてノベッロの季節です。正直言って一般的にノベッロ、ヌーボーはと言うとあまりおいしくありません。ヌーボーの成功があって高めの値段設定が慣習化してしまったこと、タイミングありきなので空輸です、コストは余計にかかってしまいます。
収穫からたった2ヶ月で届けなければいけないので技術的にも難しい。
重々わかってはいるのですが、しかし新酒には新酒の良さがあります。
子供の頃叔母のうちへ遊びに行くと自分達で収穫したぶどうで作ったぶどう酒をこっそり飲ませてくれたものです。そろそろ時効でしょう、話してしまいますが、それがおいしかったこと、アルコールの風味がするという程度の度数だったと思います。
ぶどうのおいしさが満喫できる、洗練されたワインとは違う趣のものです。
新酒とはぶどう酒の域を出ない、赤でもタンニンが少なく飲みやすいもの。

さて当店で扱うノベッロはCantine Rallo (カンティーネ ラッロ)という作り手さんによるものです。
ネットで調べてみると、ラッロはシチリアの有名な作り手さんなのですがノベッロに関してはイタリアではほとんど流通していないようです??イタリアでも確かに新酒の流通はあるのですが日本とは価格が桁違いです。日本のインポーターさんが抑えてしまった?のだと思います。まぁ値段は少々高いですが日本でのみ味わえる贅沢ということで(笑。
毎年ラッロノベッロには驚かされます。2004か2005だったと思いますが、全体に良くなかった年がありました。5種類ほど扱いましたが他はほぼ全滅でラッロだけが良かった。
ノベッロは試飲できませんから悪くても諦めるしかありませんが。そういう中でもラッロは常に信頼に応えてくれます。
2006フーデックスにラッロさんが出展されていてイレーヌグレコさんという輸出担当の方に話を伺うことができましたが、その時点で日本でのインポーターを探していらっしゃる段階でした。ノベッロだけでなく通常のワインも日本に入れてほしいものです。

ラッロノベッロを説明させていただきます。
もちろん新酒です、軽やかで瑞々しい、ジュースのように飲みやすい一面と、しかし確かな醸造技術に裏打ちされた、新酒としては驚くような素晴らしい旨みを備えています。
例えるなら上級のピノノワールにあるような響くような長く続く旨み、不思議なくらい。
最初に扱った年はリピーターであっと言う間に終わってしまいました、3本確保されたお客様もいたほどです。それから毎年扱っていますがばらつきは少なく安定しています。
新酒にはうんざりというワイン通の人にこそ飲ませたい一本
あ〜楽しみです、申し訳ないですが私達は解禁前日に開けさせてもらいます。へへ役得です。



Posted by lafreccia at 00:31:39 | from category: ワイン | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)