November 23, 2007

コック冥利!

いつも本当に有難うございます。
殺伐とした話題に続けて書いてしまっていいものかわかりませんが。
いつも来て頂く度に本当に丁寧にお褒めの言葉をいただける、お馴染みのお客様がいらっしゃいます。
今日も来ていただいて、身に余るようなお褒めの言葉を頂きました。
自分がその言葉に相応しい仕事ができていたのか考える、嬉しいものの身につまされる瞬間です。
トリュフをお好きなお客様で、「先日違うイタリア料理店でもトリュフを味わったが、ラ・フレッチャの料理の方が味わい深い」と、本当に嬉しいお言葉です。

待ってました〜!トリュフ!
今年はユーロ高もあって欧州の食材が高騰しています。トリュフも例外ではなくて例年になく高い値段が付けられています。キロ換算で12万から18万円、エ〜〜
最近は中国のトリュフがヒマラヤトリュフと銘打たれて出回っています。イタリアのものと比べて10分の1以下の値段です。とはいっても最近は技術も上がってきたのか、トリュフらしい香りもある、なかなかいいできです。
きっと欧州産の値段の高騰につられて公に広がりつつあるのでしょう。それを否定するものでもありませんが、確かに違うものです。
同じと言われる心外です。ムキになります。
語彙に乏しく正確には表現できませんが、マーガリンとバターの違い?香りにいやらしさがある??この香りを味で表現するなら旨みが柔らかく、しかも力強い、だんだん近づいてきました。香りのレンジに格段の差がある、あぁこれですね。
明らかに統合されている一つの香りなんですが、色々な趣が感じられる。
ウンブリア州産の黒トリュフです。今はフェットチーネと合わせてパスタ料理としています。
このような高級な食材を扱うには、何よりも理解していただけるお客様と、店の成熟が必要です。開店4年目を迎えてやっとサーヴィスもプロの方に担っていただけるようになって、お客様からもリクエストいただいて、旬の、フレッシュなトリュフを扱うことができるようになりました。本当に嬉しいです。有難うございます。


Posted by lafreccia at 02:12:03 | from category: 料理素材 野菜 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)