April 24, 2008

アメリカ産牛肉の話


驚きました!いえいえ特定危険部位の混入の話ではなくて。
今でもアメリカ産の牛肉を扱っているスーパーがあったなんて、私は小売からはすっかり淘汰されたものだと思っていました。

読売新聞の記事です。
>米国から輸入された牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい
>特定危険部位が含まれていた問題で、厚生労働省は24日、輸入検査を強化
>することを明らかにした。
>同省は昨年12月から、2006年7月の輸入再開後に1000トン以上の
>輸入実績がある工場の牛肉について、申請輸入量の1〜2%の割合で、特定
>危険部位の有無などをサンプル検査してきたが、今回の混入を受け、検査対
>象を1割程度に引き上げる。輸入業者の自主検査の徹底を促す狙いもある。
>23日付で全国の検疫所に通知した。
小姑みたくウルサイことを言って申し訳ないのですが、この記事間違いがあります。病原体が蓄積し易い特定危険部位とありますが、それは異常プリオンと言うべきで、BSE等スポンジ状脳症の病原体はまだこれと特定されたわけではありません。
未だに未知の病気なんです。他に有力な研究がされていないからプルシナーの異常プリオン病原体説が仮に採用されているだけで、コントロールされているかのように表現されていますが、そんな状況ではありません。
狂牛病、スポンジ状脳症の特徴は、非常に感染しにくく、いったん感染すると確実に死に至るということです。
感染のメカニズムの解明が待たれます。特に弧発性スポンジ状脳症との因果関係が興味深い、弧発性は遺伝性のもので感染して起きるわけではないとされていますが、怪しいものです。
清浄国、オーストラリアやニュージーランドの家畜にはこの弧発性のスポンジ状脳症も起きていない、なぜなんでしょう、遺伝性だから理屈では発生するんじゃないんですか?
それが遺伝性ではなくて、遺伝的に感染し易いから感染したのならどうでしょう?
人間の弧発性ヤコブ病も実は遺伝的に感染し易い人が発症した、普通のスポンジ状脳症なんじゃないですか?
食べなければ発症しなかったのかもしれません、何を?安全なはずの牛肉をです。
現在その病原体を含んでいる可能性が最も高いのは、やはり、アメリカ産の牛肉です。食べない方がいいですよ、万が一あなたが感染し易い遺伝を持っていたとしたら?それは誰にもわかりません。
感染率は非常に低い、だから政府、行政は真剣に動こうとしません。

イギリスであれだけ爆発的に感染牛が増えたのは、レンダリング(牛の非可食部分をまた牛に飼料として食べさせる)の加熱方法を変えたのが原因といわれています。
ロイターの記事です
>吉野家では冷凍牛肉を開封して解凍を行う際に牛肉ブロックのひとつひとつ
>について目視検査しているほか、余分な脂身やスジを除去する工程でも重ね
>てチェックしているという。さらに牛肉をスライスする工程では骨付き牛肉
>を加工する設備を使用していないことから、骨付き部位が混入した場合は処
>理不能になるため、すぐに発見できるとしている。

ロイターって報道機関ですよね〜 という、というと繰り返して吉野家さんの広報をしています。広報なのか報道なのかは、やはり示さないと、報道だとすると報道機関としての責任が生じる訳です。
危険部位が見つかったということは、実はそれほど大きな問題ではありません

いいでしょうか、吉野家さんで牛丼に加工されている牛肉は通称ハニープレートと呼ばれています。どういう由来でハニーなのか?
それは鶏糞を飼料として牛に与えているということです。鶏糞だけだと牛は食べないので蜜をかけるわけです。ハニー・・・
鶏糞、さて鶏は何を食べてるんでしょうか?肉骨粉、牛のです。
ぎぇ〜鶏を介してレンダリングを続けているんですよ〜恐ろしい〜
アメリカはこういう国なんです。
ちなみに人間のヤコブ病状の人が発見されても医療機関には通報の義務はないそうです。発見して対応しようという体制はできていないようです。あれだけ牛を食べている人達が・・・
公けになった場合でも弧発性であるとしてBSEからの感染を完全に否定しています。

安全って誰が言ってるんでしょう?
誰が責任を取るのか?
せめてレンダリングだけでも止めてほしいものです。商業的な価値のより高い部位を優先して生産体制を組んでいるので、大量に肉骨粉ができる訳です。
社会的な問題です。

イタリアの農場で豚を解体する様子を本で目にしましたが、そこでは豚が非常に大切にされていることが分かります。全てを無駄にしない、家族総出で伝統から育まれた様々な方法で処理していきます。本当に伝統の奥深さが羨ましい限りです。

どっちと仲良くしましょうか?


Posted by lafreccia at 22:21:47 | from category: メニュー2018年 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)