May 09, 2008

私はアメリカの食文化が嫌いです


私達のレストランのイメージというのはヨーロッパ的なものです。
しかし一般の日本人のレストラン感はどちらかと言えばアメリカ的なものでしょう、
さてどう違うのか?
これが実は大変な差があります。
分かりやすいところでは、アメリカのそれは、レストランと言うよりもレストランビジネスと言ったほうが内容が把握しやすい、純粋な商行為なんです。
その先にチェーン店化、資本導入が見えているような。
いいものがあるからそれを広く大きく売ろう、それはいいと思いますが。
ヨーロッパのレストランはそこが全く違います、もちろん店舗です、売り上げ次第で存続が決まる。
しかしヨーロッパのレストランは、ビジネスだけでなく文化の要素が大きくあります。
うまいレストランがある、当たり前のことなんです。アメリカの人が見るとなぜもっと大きくしないの?と不思議に思うかもしれません。
それは商行為だけではなく、その地域を成り立たせるべくあるレストラン業だからです。
格好をつけて言っている、何か期待して虚勢を張っている、いえいえそうではありません。これは切実な現実なんです。
はっきり言ってしまいましょう、レストランという仕事には商行為とは別の要素があります。
当たり前に成り立たせるべく、必要な手順があります。
公私にできるだけ負担を少なくする仕入れの努力があり、仕入れたものを無駄にしない努力があり、生活を成り立たせる程度の利益は上乗せして営業しています。
サーヴィスでは支障をきたさない配慮を維持しつつ、人間同士の付き合いを大切にして、招いたお客様が喜んで帰っていただけるよう最善を尽くします。

アメリカ的なレストランではお客さんは顧客?人間ではありません。
払う金に応じてサーヴィスの質、内容は決められています。
人間同士の付き合いはそこにはありません。
愚かな個人同士のせめぎ合い、気持ち悪いこと
やたらと客であることを主張して、初めて名乗り合ったばかりの人、相手に言いたい放題。
許せませんね。
これがアメリカのレストランビジネス?です。
ヨーロッパのレストランに営業時間外に行っても予約さえできませんよ、当たり前なんです。当たり前に従業員の人も休憩や食事を楽しんでいて、私は客だから時間も内容も無視、なんていう人は相手にされません。
アメリカ、その中でも一部のことだと思いますが、そこに日本人はとても毒されていますね〜
「田舎もの」意味は違うかもしれませんが、私はこういう人達のことをそう呼んでいます。
目の前にいる人間に当たり前の敬意を払えない、こういう人には店に来てもらいたくありません。



Posted by lafreccia at 02:39:29 | from category: 文化イタリア日本 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)