May 29, 2008

順調です、有難うございます。


読売新聞の記事です
4月外食売上高、前年割れ 消費者心理冷え込み
> 4月の外食産業の売上高は、新規店を含む全店ベースで前年同月より1・
>3%減り、2005年2月以来、3年2か月ぶりに前年を下回った。日本フ
>ードサービス協会が26日発表した。
> 来店客数が1・2%減っており、原材料価格の高騰による消費者心理の冷
>え込みが逆風になったとみられる。休日の数が前年より1日少なかったこと
>や、店舗数が0・2%増と微増にとどまったことも影響した。
業態別ではファミリーレストランが3.6%減だそうです。
取引のある営業さんに伺っても、やはりとても厳しいそうで、外食産業には受難の時代です。
とは言ってもラフレッチャは少し外と温度が違うようで、相変わらずの二桁成長、4年連続だとさすがに体に悪いです(笑)
本当に有難うございます。
嬉しいです。
ファミリーレストラン、外食産業と私達の仕事は同じレストランと名が付けられていますが別な業種と言って言い過ぎではありません。
形だけ真似をして、大量に店舗を作り、コストを下げて競争に勝つ。
アメリカのビジネスモデルですよね、イタリアにはマクドナルドくらいしかありませんよ、バンズが胚芽みたいで驚きました!もちろん食べてませんが。
ヨーロッパの人はそんなものが成り立たないことをよく知っています。
大切なのは中身で、それは一朝一夕にできるものではありません。
言葉や外見に踊らされて、それが長続きするほど人は愚かではない。
長い歴史の中で淘汰され、文化はあるべき姿を保ち続けます。スローフード運動はある意味ルネッサンスのようなもので、歴史の変遷の中で取り残された貴重な物を再構築する、イタリアが持つ文化の一つの機能なのかもしれません。

料理を作ったり、接客したりというのは、けっこう大変なことなんですよ、マニュアル化してアルバイトの人にさせて、それが人が満足するほど、うまくいくかと言うとそれは難しい。
その仕事が本当に好きで、人間同士の繋がりがあって、レストランというコミュニケーションの中でやっと成り立つほどの力が与えられる。
そういうことを理解してくださるお客様に多く来て頂いて、とてもいい空間ができています。
本当に有難い話、
後で聞いた話ですが、今日は珍しく、酷く嫌がらせじみたお客さんが来ていたそうです、私は気づかずにいたのですが、サーヴィスの者が困っていると、近くの他のお客様が「止めなさい」と諭してくれたそうで、有難いことです。
日本は今過渡期で本当に尊敬できる懸命な方も、愚かな過去の遺物も入り混じって混沌としています。
アメリカから嫌なものをもらってしまいました。
日本の伝統、文化は徹底的に破壊されてしまったかのようですが、物として残っていないのなら、心にあるものを基に復活させよう、と
今日は気取ってしまいました(笑)





Posted by lafreccia at 01:00:11 | from category: 理想のレストラン | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)