June 02, 2008

繁盛記(涙(笑


忙しいです、そろそろ限界じゃないかと嬉しい悲鳴です。
20年くらい前でしょうか少し遅めのデビューでこの職業に就きました。
いい加減鍛えられていましたから、夢は現実的です。
正に今の状況、ひたすらその情景を描きつつ、精進?してきました。
信頼できる仲間がいて、気持ちの通うお客様がいて、本当に地域の方に大切にされています。成り立って、当たり前の利益が出ています。

そうです、考えようによっては5年も経って、やっとこの程度あたり前の利益、違う業種の企業家の方には驚かれそうです。
そうなんですよ、良心的、なんです。5年も順調に運営しないとまともに利益が計算できないくらい薄い差益、なんです。
しかしその分確実に、支持していただいて、揺ぎ無い。
アメリカのビジネスモデルと随分違いますよね、
それはまず利益ありきで、大きく投資して、お客さんでも仲間(人)でもなく、まず利益なんです。
私には理解できませんが・・・
まずお客さんがいて初めて商売が成り立つわけです。その仕事をこなす人がいてそれが続けられる。
先に利益を計算するのって?
気持ち悪いですよね、でもそちらの世界では当り前なんですよね、投機の対象になるわけですから看板が必要です。

以前勤めていたお店で突然提携の話が持ち上がって、あれよあれよと言う間も無く店は改装され、人員は増やされて、何が起きているのか理解していませんでした。高価な機材がそこら中に配備され。さて?
結果、私がその店で最後に見た情景。
結果は?ちまちまと積み上げた利益は誰かの懐に、現実のお店の経営は多すぎる改装の経費のために赤字転落、給料さえ堂々ともらえない状況です。
懐に収めた方がこともあろう、タイミング良く私を厄介払いしてくれたので、難を逃れました。

回想、私がその店でチーフという呼名をいただいて少し経ったある時のことです。
目に余ったので店長を呼び出して、言いました「売上を抜くのは止めなさい」と、店長は出資はしていましたが事業主や社長という責任の重い立場ではありません。
私がそう言うと最初は否定していました。生活に困るのはわかるがと水を向けると、認めはしないものの「そこまで言うなら成り立たせろ」と言われ、私は「いいよ」と暗黙の了解です。
約束の通り店は順調に業績を伸ばしました、いいでしょうか?毎年7〜9%の売上の伸びがあって、利益率も改善される、それが安定して8年続いたら、どんなアホな経営者でも成り立たせることができるはずですよね。
できませんでした・・・有り得ない
評判を聞いた、ある経営者の方が提携を持ちかけてきてくれました。
数百億の売上のある企業グループのオーナーです。
渡りに船と飛びつきます、すでにビルもその企業に買収されていてレストランの経営権だけの話ですから、当たり前です。
その企業の傘下に収まり一企業となる。
馬鹿ですね、そいつは私を裏切りました。できもしない経営を請け負って
うるさい私を厄介払いに。

私に結果的に良かったことですから、感謝しましょう、でも追い出されたんですよ、まぁ苦い笑い話ということで。
どうやら順調に運営できています(涙
伸びていく店は大変です。一割売上が伸びると、世界は変わります。それが4年も連続だといい加減、体に悪いかもしれません。
思うと今と同じ程度の売上を、当時もこなしていましたが、当時は現場が3人で経営者的な立場で1人、4人でやっていました。
今は3人で経営は私が片手間でやっています。
本当に勉強になりました「仕事のできない奴とは組むな」一言につきます。

効率の良くなった分余剰な利益が出ます、それは何処へ?
楽しい算段です、まず仲間ですね、貯めてイタリアでも行きますか?

私が正しかった、ホッ、やっと確かめることができました。


Posted by lafreccia at 00:02:25 | from category: ビジネス | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)