August 14, 2008

いわしの白ワイン風味スパゲティ

null
いわしの白ワイン風味スパゲティー
いわしはシシリアのパスタ料理が有名です。地元でも色々なレシピがあるようです、私が知っているだけでも、トマトペーストを加えるもの、サフランを入れるもの、白ワインで仕上げるもの、パン粉を炒めて振りかけたりと、それにいわし自体、食材として色々バリエーションがありますから、それもトータルに考えるとけっこうな数で、どうも捉えどころがない。ミネストローネのようなスタンダードは存在しないようです。
そこで白ワインで仕上げるバージョンをベースに当店風をアレンジすることにしました。
まずいわしは大羽(大きめ)を使います。
いわしは先にフライパンでこんがりと、よくいわしを焼いた料理で黄金焼きというのがありますが、ソテーするとそれがよく分かります。
丁度よく焼きあがるのを、皮目の周りの部分が黄金色に輝いて教えてくれます。
強火で軽く色づけるくらいの方がおいしくなりますよね。
にんにく、タカのつめを弱火で加熱、香りが出たら、パセリ、松の実を足します、パセリに透明感が見えたら、フレッシュのトマト、焼いたいわしを加えて、辛口の白ワインをたっぷり入れ、全体を馴染ませます。
パスタを加えて、EXバージンをふりかける、タイムを添えて出来上がり。
イタリアではたいてい臭みを消す、一工夫があるんですが、常に新鮮ないわしが手に入る日本では、敢えてストレートに味の分かる仕上がりに。
うまいですよ〜、いわしは、これしかないっていうのが私の意見。
逆輸入したら、案外これがスタンダードにw、自信満々です。
このパスタ、リピーターが多いです、見た通りの当り前の料理ですが、初めて食べる味、どうして今まで無かったんだろう?
専門料理をやっていてここがけっこう醍醐味です。
イタリア料理を私達外国人の目から見た時に、どうしてここがないんだろうっていう発見がけっこうあるんですね、時にそれはレストランでも成り立つ一つの料理になる、面白いです。



Posted by lafreccia at 23:01:40 | from category: 料理 パスタ料理 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)