January 29, 2009

サルシッチャとほうれん草のソテー

null

さて極上の食材が手に入りました、国産のサルシッチャです。
北海道で作られるその生ソーセージは、ホエー豚を原料としています。
ホエー豚?突然そう言われても想像つきませんね。
牛乳からチーズを作る時残る液体、これがホエーです。
固形にならない部分なのでチーズには利用できませんが、チーズそのものに劣らず栄養価が高い、色々有効に利用される訳です。
豚に飼料として与えた、その豚がホエー豚
イタリア本国でも同様の使われ方がされています。
チーズの産地ではいい豚が育つ、美味しい生ハムができる、食材の美味しい連携プレー
国産でそんな物が手に入るなんて想像もしていませんでした。
このサルシッチャもちろんそのまま普通に焼いてソーセージとして食べても美味しいです、生から焼きたてのソーセージなんて余り食べる機会はありませんから、それもいいかもしれません。
ざっとネットで調べるとポトフやスープに野菜と合わせて料理にする方法がよく載っています。
しかしこの醍醐味はやはり
ソーセージでなく、生として扱うこと、映画「ディナーラッシュ」ご覧になった方ご記憶にありませんか?
ニューヨークのイタリア料理店、サスペンスの原因になった料理人が調理していたのがこのサルシッチャ、解して使うんです、ソーセージのようにじっくり火を通すのではなく、強火で一瞬で火を通します、中はほんのりピンク色くらいが美味い、また違った食感が楽しめます。
ソーセージはギュウッと詰まった感じですが、これはフワリと軽い。
さて合わせる野菜は?
今美味しい野菜、サルシッチャの味を全身で受け止める、面積の広い野菜
あま〜い、ほうれん草しかありませんね。
絶妙のコンビ、きっとイタリアだとラディッキオとかルッコラが良い相手になりそうですが、日本では高いですから
ほうれん草の瑞々しさは格別ですよね、噛むとジュースが溢れる、これはイケます。
温かい肉の前菜、冬には嬉しい一品です。



Posted by lafreccia at 22:01:27 | from category: 料理素材 肉 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)