February 06, 2009

極上デザートワイン

null
私達に、レストランを営業していくための指標は?ともし問われたら
それは他にありようがありません、シンプルです。
「自分達が行きたい店」
当店も早5周年。
え〜っあっという間でした。
徹底して、「自分ならこうして欲しい」が形になった。
私はものすごく我侭ですw
まず高い店は嫌だ、そうそう料理は安くて美味しくないとダメ
ヘルシーで、旬があって、伝統をちゃんと理解していないと、
あ〜それからワインはバイザグラスね、だって色々楽しみたいもんね
スプマンテは3種類はないと、スティルワインは6種類、当然でしょう、デザートワインは???
 
都内のイタリア料理店で、デザートワインをグラスで提供するお店は、実はとても少ないようです、
レチョート、パッシート、ヴィンサント、イタリアはデザートワインの宝庫です。
フランスと比べてもちろん南に位置して、当然温暖でぶどうの糖度も上がります。
多くのデザートワインが生産されます。
北のヴァレッダオスタやピエモンテのレチョート、軽く貴腐のかかったパッシートも相当にレベルの高いものがあります。
しかし本場は南です。
カンパーニャ、シシリア、サルディーニャ
シシリアのパンテレッリア島のパッシートは言うまでもなく、カンパーニャにも同等のパッシートがあります。
しかし驚くのはサルディーニャです、あんな島でと言うと怒られるかもしれませんが、とても風光明媚な田舎、優れた技術があることは想像し難いんですが、逆に高いんです、イタリア本土より伝統があるそうですから侮れません。
この中で一番は?と聞かれたら、イルピニアビアンコかサンターディ・ラティニアビアンコ、サンターディはサルディーニャの作り手です。
生産者の方が来日されて、お話を伺ったことがあるんですが、単なるレイトハーヴェストだそうです、それなのに上級のヴィンサントのような強いボディとパンテレッリアのパッシートのような目の覚めるような香り、グラスを廻して鼻を近づけるだけでそれがただ者ではないことが分かります。
ソーテルヌの数万円のワインは必要なのか?
考えるのは止めましょうw
ひぃふぅみぃよぅ
当店では7種類のパッシート、レチョート、レイトハーヴェストがな、なんとグラスでお楽しみいただけますw
東京中のイタリアンレストランで、数千店もあるでしょうか?
おそらくうちだけ、選べる、安い、グラスで楽しめる至極のデザートワイン
えっ他にも?教えてください私も行きたい。
ぜひご注文ください。
それが目当てでいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。
近頃は便利なものが用意されています。
最新のものは数百万円の大仰な機械で窒素ガスを充填して、ワイン自体にはグラスに注ぐまで一切外気に触れないというものまであります。
当店で使っているのはプライベートプリザーブ、不活性の窒素ガスを吹き込んで、それがボトル内でワイン表面に膜を張ってワインの品質を守ります。
不活性なので無味無臭ワインに影響を与えません。
これも実はコスト的にかなり高いのですが、安い時に買い溜めwして、グラスで提供するワインの品質には代えられません。
 
日本では甘いワインと言うと余り良いイメージはありませんが、欧州では高級な魅力のあるワインとしっかり認識されています。
甘いだけではなく、旨みや鮮烈な香り、甘さとバランスが取れて目立ちませんが酸味もしっかりとしています。
グリセリンがその成分だそうですがトロリと濃度のあるものが最高級。
相性がいいのはチーズです、それも強烈なヤツ、うちではゴルゴンゾーラが一番きついチーズですが、合わせてみると面白いですよ。
強いもの同士で口の中が大変なことになる、なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
どうなると思います?
すーっと消えて無くなるんです、不思議な感覚、最初試してみて笑ってしまいました、エ〜
キョトン・・自然に次の一口が欲しくなります、きつい味の物なのにどんどん進みます、表現してみろ?これは試していただかないと・・何ともお伝え出来かねますw



Posted by lafreccia at 21:10:39 | from category: ワイン | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)