February 19, 2009

黒毛和牛の赤ワイン煮

null
黒毛和牛です、
少し抵抗あるでしょうか?
高級品?
A3です、生粋のおいしい和牛、
B3だと今までもたまに使える程度の値段で提供されていまいした。
B3は言わば混血でいいところを取り混ぜた、安くて美味しければいいじゃない?という品物、ハズレはあるし、品質(味)はAからは確実に劣る。あぁ言ってしまいました。
A3!安心で確実、しかし値段が高い
これを取り引きのある業者さんが頑張ってくれました。
当店でも扱える値段に
うれし〜
さらに筋の多い固い部位は元々安いものです。
しかしそれは煮込み料理の最高の材料になります。
コラーゲンたっぷり、味は最高の和牛のものです。
美味くないわけないじゃんW
仕込みに丸2日かかります、これは最短です、じつはもっとかけたいところです。
煮込み料理に最も大切な要素は?
それは冷ます行程です。
一番分かり易いのは大根、少し冷ますだけで煮汁の味を吸い込みます。
煮る過程で途中一度冷ますだけで、透き通り、味が染み込みます、素晴らしいつやが出る。
よく圧力鍋を使ってみて、今一つ美味しくないって感じたことはありませんか?
確かに圧力鍋、短時間で肉もトロトロになるんですが、
大切な主素材に味が染み込んでいない、それは時間が足りないからです。
冷ます過程で煮汁が主素材に染みてその料理が完成します。
お客様が「美味しかった、肉がトロトロだ、この料理は何時間煮込んだんだい?」
と尋ねられると、「私は2日間煮込みました」と答えます、嘘ではありませんが、大袈裟ですw
正確には2日間、2度に渡って3時間煮込み、2度自然に冷ましました。
とお答えするのが本当ですが、あまり説明し過ぎても夢は育ちませんからw
黒毛和牛の赤ワイン煮
この間半端が出たので皆で試食しました、美味かった!!
驚きました、やっぱり素材です、A3の味!




Posted by lafreccia at 00:00:48 | from category: 料理 肉料理 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)