May 16, 2018



実は私野望を抱いています(笑)
それは醤油をイタリアンで使うこと

「日本のイタリアンはレベルが高い」よく聞く話なんですがそれは日本人が研究熱心で食材も豊か各国食文化が入り乱れていますので、本質を吟味して美味しいものを作る懐がある。
醤油は最高の調味料なんですがそれを使って成功しているイタリアンはありません(恐らく)
醤油を使うと日本料理になってしまうんですね〜
もしイタリアに昔から醤油があったらイタリアのシェフは使うと思うんです。
どう使うのか?
すごく興味があります。

先日テレビ番組「世界日本行きたい人応援団」で醤油好きなアメリカ人が日本の伝統醤油造りを学ぶという段を視聴したんです。
すごい!感動しました勉強になります。

再仕込み醤油取り寄せてみました、香川県小豆島大樽で作られたものです。
醤油で造った醤油(笑)
普通塩水で熟成させるところ代わりに醤油を使ってしまうという反則のような作り方。
すごいですね情熱を感じます。

味見してみました。
「角が無いです。」(笑)
塩分はしっかりあるんですが普通の醤油にある最初の痛い感じがしない。
多分搾りたてだと色々な風味が感じられると想像しますが流通のため加熱処理しますので全体にまとまった印象、分解しますと(笑)最初に軽く麦を焦がしたような赤身の強い芳香に酸味を伴った風味がすぅ〜と広がってこの後厚みのある太い茶色い風味が着て、心地良い旨味がしばらく続きます。
時間をかけて絞り出すせいだと思いますが雑味が無い!純粋に醤油が口の中でこだまするそんな感じです。
うん私これだけでしばらく飲めます(笑)

普通の醤油とどこが違うか?と問われると答えるのが
塩分が少ない感じがします(笑)恐らく同じ程度あるはずですが旨味が強い分そのままでバランスがとれて美味しい。

私が最初感じたのは「ステーキをこれで食べてみたい」
エキストラバージンとブラックペッパーを微量にんにくはもしかしたら要らないかも
そうそうよく刺身醤油として使われるそうですが肉にも合いそう。
あ〜っ!うちの上州牛と合わせたら最高かもしれません(笑)
上州牛のあの旨味をガツンと引き立たせますね〜
美味いものができそう。

サーモンを詰め物にした野菜にこの醤油とEXバージンなんて最高かもしれません。
ピーマンのサーモン詰めとか半生に焼いたサーモンに醤油を軽く合わせてアリオリソース、他にはアスパラとツブ貝のオムレツとか(笑)
また手のかかることを(笑)

美味そう!う〜んイタリアン?頭はイタリアンなんですがイタリアでは無いでしょうね〜(笑)
あ〜虜になりそうです。
最近コンソメスープに凝っているんですが上手くできたときこの再仕込み醤油に似た風味がするように思います。
それは大樽の際仕込み醤油に如何に雑味が少ないかということだと思うんですが
今度から「良いコンソメは上等な醤油と似た風味がするんですよ」と決め台詞にしてみましょう(笑)

本当に凄い伝統を残してくださって小豆島関係者の方感謝いたします。




Posted by lafreccia at 01:06:26 | from category: Main | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)