October 30, 2006

煙草に関して

ラ・フレッチャではテーブルに灰皿を置いていません。できたら吸わずに食事を楽しんでいただきたいとも思いますが、喫煙していただいても大丈夫です。灰皿はすぐに用意させていただいています。喫煙する方と嫌いな方両方に楽しんでいただけるよう店舗には工夫がしてあります。座席のゆったりとしたレイアウトはじつはそのためでもあります。店内を扇に例えるとその中心に厨房、換気扇を置き、それに対し客席は重ならないようレイアウトされています。換気扇はとても強力な、有圧と業者さんが呼ぶ、三相200vを電源とするとても安定した強いものをチョイスしてあります。うちのような小さい店ならではのやり方ですが他の喫煙できる店舗よりはいくらか気持ち良く食事ができるようになっています。

私はじつは最近30代半ばまで喫煙していました。それもとびきりのヘビースモーカーでコントロールのきかない、酒など飲んでいるとつい吸っている事さえ忘れて2本目に火を点けてしまう、身体に悪いなぁと思いつつスポーツの直後やその間の休憩にまで吸いたくなる有り様。7〜8年前に決心してやっと止める事ができました。
今は辞められて良かったなぁと胸をなでおろす心境です。

煙草を止めるのは難しい、安易に考えて始めても失敗します、失敗するとその挫折感がまた禁煙を難しくします。正直言って私は今でも吸いたい気持ちがあります、しかし脳神経的に習慣性がなくなっているので吸わずに済んでいますが、もし今自分の意思で吸ってしまったとしたらおそらく逆戻りして、次に止めるのはとても難しくなるでしょう。喫煙の依存性は根深いものです。
禁煙前後で違うことを挙げるとすれば何かを行った際に生じるちょっとした達成感が感じられるかどうか?です。喫煙している時にはそれがとても曖昧にしか感じられないものです。煙草が必要なくなってからは、それは常に意識するものではありませんが気が付くと確かに達成感やら満足感がリアルに感じられているような気がします。もう一つは逆説のようですが煙草を吸わないでいる状態のイメージ、喫煙していた時の禁煙に対するイメージは悪い冗談のようですが本当に荒涼としていて生きている意味、楽しみが失われてしまうような不安感、そんな訳はないのですが、喫煙のない状態全くそれが当たり前のことだと理解して負のイメージを払拭するには実際に煙草を止めてみるしかない。喫煙している人にはとてもそれは難しいことに感じられます。

禁煙の決断はただの現実のつまらない選択の一つでしかありません。劇的なことは何もありません。それをするには実際に我慢するしか方法はないわけです。
煙草を止められるかどうかは意識の範疇を超えたところにあります。

まず喫煙ということを理解する事が大切です。
それは薬物依存と比べると脳に作用する部分が違うという差があります。
喫煙することで刺激されるのは満足中枢です。
煙草を吸いたくなるのはどんな時か思い出してみてください。仕事、遊び、スポーツ、映画、食事、よく寝ること、生活に関することその人の行動に関すること全てに関わっています。喫煙したくなるのは決まって何かを終わらせた後ではないでしょうか?
通常、喫煙と無縁な人はそういう時満足感を感じて平和な心境でいるはずです、しかし不思議なことに喫煙する人はその平和な心境を充分に享受することができません、その時に思い起こすのは決まって煙草のことではないでしょうか?
煙草、喫煙者は喫煙することによって脳のその部分満足中枢を常に刺激していますから当たり前に行動によって得られるはずの充分な満足感を得ることができなくなってしまっています。
禁煙のテーマはその当たり前の満足感を取り戻すことでしょう。
ちょっとしたコツ手順を
煙草を辞めるには何か没頭できるちょっとした好きなことがあると助けになります、なんでもいい、好きなこと満足感を得られることちょっとした趣味、グルメおいしい食事。
こういったことを重く考えず感覚のゲームとして、少しの間我慢してみてください。そのことに神経が研ぎ澄まされてその細部に到るまで想像ができるくらいまで、
それと同時進行にやや遅れて禁煙を始めます1週間くらい、脳神経的に煙草の影響から逃れ始めた頃です。
そこで、その没頭できることを行い充分に堪能、吟味し思い切り楽しんでください。
きっとその時はそんなに煙草を吸いたくないはずです。その時が肝心です、吸いたくないのに吸わないでくださいね、その程度の力の入れようで大切な局面を乗り切ることができるはずです。それほど劇的深刻でなくそのきっかけを得るということが肝心です。禁煙を難しくしているのはそれがあたかも劇的に遂げられることであるかのようなアドバイスをする方が多いからなんじゃないかと感じています。
そこからやっとリアルな満足感のある生活が始まります。偽の満足感は必要なくなるわけです。
相当に強い意志を持った人でも煙草の誘惑は穏やかに長く続いていますからふとした瞬間に気が緩んで喫煙する方向に行動してしまったりします。煙草のない充実した生活を日々続けて確信を深くし煙草を忘れる、それしかないようです。


Posted by lafreccia at 02:13:14 | from category: その他 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)