February 12, 2007

飲食店の出店

近年、大きな時代の流れの中では、基本的に私達のような飲食店を個人で切り盛りする者にとって、取り巻く環境は政府行政の施策は別として、好転し続けていると言えます。反論非難の声が聞こえてきそうですが、例えばインターネットやそれに伴うサーヴィスの整備、情報の共有、枠を超えて動ける可能性が大きく広がったと言えるでしょう。PCがなければ私達が独立することはおそらく何倍にも難しかったでしょう。経理業務を楽にする会計ソフトを初めに、より価値の高い設備を探し購入するためにはインターネットの情報が欠かせません。普通厨房設備を計画し設置調整するにはその多くを厨房機器専門の業者さんに頼るしかありませんでした。しかし今回私達は内装工事を請け負っていただいた業者さん以外の手を全く借りることなしに、厨房の設計、機器の設置、調整をすることができました。厨房機器はインターネットを通じ最も安い店舗から購入します。もちろん後からアフターサーヴィスが受けられる正規品です。それほど壊れるリスクの大きくない機器はオークションで中古の格安の製品を購入します。
目的にあったもので手の届く価格の製品が見付けられなかった場合、ちょっとした手直しで使える他の目的で作られた製品をチョイスするという手もあります。ちなみにうちの茹で麺器はうどん用です。ホームセンターでステンレスの板を購入、加工してロングパスタ用に深さを調整して使っています。道具があればそれほど難しいことではありません。パスタ用の茹で麺器が20万円ほどでしか見つけられなかったところ、うどん用なら6〜7万円で多く出品されていました。製品として大きな差のあるものではありません。と言うよりほとんど同じものです。おそらく売る側の意図でイタリア料理店なら高くても購入するだろうと考えてのことではないでしょうか?憶測ですが。
厨房機器は値段にとてもバラつきがあります。このところ外食産業は全体的には活況のようですが、次々と出店する企業があれば、潰れていく店舗も多くあります。飲食店の店舗を閉鎖する際にはその機材を片付けなければいけません、購入する際には大変高価な機器も中古で引き取ってもらう段には二束三文にしかならないものです。使う人にとっては大変価値のあるものですが、引き取る業者にとっては安いほどいいわけです。片付けなければいけないという事情を抱える相手の足元を見て、ただ同然で買い叩く、機材は必要な者にとっては宝物のようなものですから、それを無価値と決め付けて、運びだす。泥棒のようなものだと私は言いたい。そういう目には遭いたくないものです。もしそういうことになってしまったら、ネットでオークションに出すべきです。必要としている人を応援することにもなります、ちょっとした手間を惜しまずに物を活かすことをして欲しいと思います。少なくとも買う側の価値に見合った値段が付くはずです。買い叩く業者も売るときには普通に値段を付けるものです。その暴利を考えると腹立たしい、オークションのご利用を!
さて話が反れてしまいましたが、そのような事情もあって探せば適性な価格で販売している製品を見つける事は多くの場面で可能です。お店で使っているミキサーマイティ25はまともに買うと30〜40万もする製品ですが開店当時それは15万で見つけ購入することができました。良い機材というのは本当に心強いものです。シュクレ生地、ピザ生地、ソーセージ、様々なものを楽にストレスなく仕込むことができます。特にピザ生地、当店の生地はグルテンが強く手で仕込むと滑らかにに仕上がりません。
あとは内装の施工、これは自分でこなすには余りにボリュームのあることです。もし運良く居抜きで程度のいいものが見付かれば、自分で多少手を加えて、ということもありますが、それは極稀な事です。ほとんどの場合業者さんに頼むことになりますが、こればかりは出会いで、良心的な業者さんを何とか見つけるしかありません。この点に関しても私達は運良くクリアすることができました。その業者さんは打てば響くという言葉が相応しい、施工ということに肝心なことは、程よく効率が良いということです、さらにその店舗、しようとしていることの意味を良く理解してくれている事が必要です。個人で起業しようという人にとって大切なのは土地に根付いてその地の一部として機能するということです、施工が現実的にはその第一歩であるわけです。それを考えられない人には任せられない。
結局私達は従来必要と思われた開業のための費用を半分程度に抑えることができました。
画期的です。社会というものは案外うまく機能しているものなのかもしれません。努力する方向さえ間違っていなければ意外に良い結果が出るものです。
私達のような店舗が多く出店すれば、きっと日本の食文化は土地ごとに個性的に活気付くことと、私は本気で考えています。続く人がいることを願います。



Posted by lafreccia at 02:16:54 | from category: ビジネス | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)