May 12, 2007

傷心です

オーナーシェフである私は自分の店の中では絶対的な存在です、全ての責任を負う代りに、全ての最終的な決断をすることができます。それだけに、突然立ち上がり、注文した料理を当然のようにキャンセルして帰るお客様に出会うと辛いものです。
全て私の責任です。お客さんが満足できるタイミングで料理を提供できなかったのは確かです。どんなに努力をしても、方策を尽くしても結果の出せない時があります。
私達が目指しているのはお客様の満足です。それは決まった形があるものではないので常に考え、感覚を研ぎ澄ませて理解しなければいけません。
今日は飲みながら感傷に浸ることにします、はぁ〜難しいですね。


Posted by lafreccia at 02:19:55 | from category: サーヴィス | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)