June 15, 2007

この日本どうでしょう?

確かに今の日本はおかしい。テレビをつければ政治家が平然とあからさまな嘘を口にしているかと思えば、当然に処罰の対象になりそうな行いがうやむやに見逃され、弱者は見放され、強者はますます私腹を肥やして、道徳の欠片もそこに見ることはできません。安いだけのまがい物が蔓延り、手を尽くし生み出した価値に正当な報酬を期待することができない、決して軽くない年金の負担も受け取る前に実に色々なところへ消えるものです。いい加減な公共事業によって業者の手に渡り、それを配分した行政には天下りという収賄で利益が渡る、入力ミス、さらにはそのミスを是正するための経費。
元々日本の年金の制度には大きなトリックがあります。私達は将来のために収めるわけですが実際使われるのは?使うことが可能なのは現在です。それは銀行に預けられて運用されているわけではありません。本来なら当然に利潤を生むはずの資金がなぜか大変効率の悪い、ある意味資金を捨てるような事業に、国会の審議にかけられることもなくつぎ込まれています。私達の年金の納める負担が増えたり、受給する額が減ってしまうのはこの無駄を補うためです。社会保険庁や政府はこれをするために、そのトリックを最大限利用しているわけです。
収めた年金なる資金がすぐ給付に使われるなら、それは年金制度ではなく勤労層による老人介護制度です。
収めた年金が銀行に預けられたり堅実に運用されて、収めた本人が受給するときに始めて引き出されるというやり方が本来の年金制度の仕組みです。
両者のギャップを利用した錬金術というのが日本の年金制度の相応しい呼び方でないでしょうか?
あれれ、また脱線してしまいました、なぜ騙されてしまう人が多いのかという話がしたかったのですがそれはまたこの次です。



Posted by lafreccia at 01:54:39 | from category: 主張 | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)